産経ニュース

【平昌五輪】小平奈緒、亡き同僚・住吉選手に「金メダル取ったよと報告したかった」 一夜明け会見一問一答

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小平奈緒、亡き同僚・住吉選手に「金メダル取ったよと報告したかった」 一夜明け会見一問一答

会見で涙をみせる小平奈緒=平昌ジャパンハウス(松永渉平撮影) 会見で涙をみせる小平奈緒=平昌ジャパンハウス(松永渉平撮影)

 小平奈緒の19日の会見の主なやりとりは次の通り。

 --今の気持ちは

 「メダル授与式が明日なので、金メダルはここにないが、改めて私が夢に描いていたことを成し遂げて、うれしい気持ち」

 --ご両親とは話したか

 「レースが終わり宿に帰ったのが深夜だったので、まだ連絡を取っていない。いいときも悪いときも、成績だけでなく私がやっていることを認めてくれていた。感謝を伝えたい」

 --なぜ金、銀メダルを取れたと思うか

 「大学1年のときから結城(匡啓)先生やチームメートと積み上げてきたものがキーになった。気づき、発見を共有しながら、自分たちを伸ばしてきた」

 --五輪直前に(元チームメートの)住吉都選手が他界した

 「(涙ぐみながら)彼女のことは何度も思い出すことが多くて。関係者から『奈緒が金メダルを取ったら私が取ったのと同じ』と言っていたと聞き、救われたような気持ちだった。本当は、本人の目の前で『金メダルを取ったよ』と報告したかった」

 --4年後に向けて

 「まだちょっと、スケートを滑りたいなと思う」

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング