産経ニュース

【平昌五輪】安倍晋三首相「自信は?」 小平奈緒「正直あった」 祝福の電話詳報

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
安倍晋三首相「自信は?」 小平奈緒「正直あった」 祝福の電話詳報

安倍晋三首相と電話をする小平奈緒(画面は首相官邸のYoutube)=平昌ジャパンハウス(松永渉平撮影) 安倍晋三首相と電話をする小平奈緒(画面は首相官邸のYoutube)=平昌ジャパンハウス(松永渉平撮影)

 安倍晋三首相は19日午前、平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)に首相官邸から祝福の電話をかけた。安倍首相と小平の電話内容は次の通り。

     

 安倍首相「安倍晋三です。小平選手、本当におめでとうございます」

 小平「はい、ありがとうございます」

 安倍首相「昨日ずっとテレビで見てたんですが、堂々たる本当に圧巻の滑りでしたね。この4年間の小平さんの努力が報われたなと感動しました」

 小平「はい、皆さんの応援のおかげで、自分の実力を発揮することができました」

 安倍首相「この4年間、オランダにも武者修行に行かれました。やはりいい経験になりましたか」

 小平「そうですね。2年間という短い期間だったんですけれども、すごく多くのことを学ばせていただきました」

 安倍首相「ずっと世界選手権、勝ち続けてこられましたから、500メートルは絶対とこう言われていましたんで、安心してはいましたけれども、かえってプレッシャーになっているのではないのかなと少し心配だったんですが、自信はどうだったんですか」

 小平「そうですね、あの、自信は正直ありました。しっかりと自分の滑りができれば、いいタイムが出るだろうなっていうことは感じていました」

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング