産経ニュース

【平昌五輪】安倍晋三首相「堂々たる圧巻の滑りだった」 金メダルの小平奈緒に祝福の電話

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
安倍晋三首相「堂々たる圧巻の滑りだった」 金メダルの小平奈緒に祝福の電話

スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒選手を電話で祝福する安倍晋三首相=19日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒選手を電話で祝福する安倍晋三首相=19日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は19日午前、平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)に首相官邸から祝福の電話をかけ「堂々たる本当に圧巻の滑りだった。この4年間の小平さんの努力が報われたと感動した」とたたえた。

 首相は、日本選手団の主将を務める小平が金メダルを獲得したことについて「みんなの励みになって、これからもメダルが出るのではないのかと期待をしている」と述べた。

 小平は「自信は正直あった。自分の滑りができれば、いいタイムが出るだろうと感じていた」と話した。

 これに先立ち、首相は官邸で記者団の取材に応じ、17日にフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が金メダルを獲得するなど日本人選手の活躍が続いていることに関して「まさに興奮と感動の週末だった。私たちにとって記憶に残る五輪になる」と述べ、「この盛り上がりを東京五輪につなげていきたい」と語った。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「堂々たる圧巻の滑りだった」 金メダルの小平奈緒に祝福の電話

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング