産経ニュース

【平昌五輪】小平奈緒、高校時代のあだ名は「モンチ」その理由は?

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小平奈緒、高校時代のあだ名は「モンチ」その理由は?

2014年1月、母校を訪れ奥田綾子さん(左)と記念写真に納まる小平奈緒選手 2014年1月、母校を訪れ奥田綾子さん(左)と記念写真に納まる小平奈緒選手

 五輪スピードスケートの日本女子史上初めて金メダルに輝いた小平奈緒(31)。18日のレース会場で、万感の思いで見守った女性がいた。長野県・伊那西高時代に3年間担任だった奥田綾子さん(43)。「モンチ、本当におめでとう。幸せです」。あふれる涙を拭った。

 高校時代、今よりも髪が短く縫いぐるみの「モンチッチ」に似ていたことから、小平のあだ名はモンチ。2年の時、小平はスランプに陥り「やめようかな」と奥田さんに漏らした。登山で泊まった山荘で、2人並んで座っていた時だった。「とにかく話を聞き、なんとか阻止しなければという思いだった」と奥田さん。その後、教え子は競技を続けた。「悩みを取っ払って、速くなりたいという気持ちに行き着いたのだろう」と振り返る。

 小平が平成28年春に学校を訪れ、書いたメッセージが教室に飾られている。「1年1年、1日1日、1瞬1瞬が1度きり。今を大切に、今を楽しんで、今に感謝して。明日にやり残すことのないような自分の人生を築いていってください」。言葉通り、偉大な先輩がチャンスをものにした。(共同)

「平昌五輪2018」のランキング