産経ニュース

【平昌五輪】OAR選手にドーピングの疑い

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
OAR選手にドーピングの疑い

9日の平昌冬季五輪開会式で、五輪旗を先頭に入場行進するOARの選手たち(共同) 9日の平昌冬季五輪開会式で、五輪旗を先頭に入場行進するOARの選手たち(共同)

 ロシアのタス通信(電子版)は18日、平昌冬季五輪に出場している「ロシアからの五輪選手(OAR)」の1人にドーピング違反の疑われる行為があったと伝えた。

 同通信によると、OARの広報担当者が、18日に国際オリンピック委員会(IOC)から公式な通知が届いたと明かした。禁止薬物のメルドニウムの摂取が疑われているという。

 広報担当者はB検体の検査結果が出るまでは、選手名や競技名を明らかにしないとしているが、ロシアのラジオ局は、今大会銅メダルを獲得したカーリング選手の名前を挙げている。

 ロシア・カーリング連盟幹部はタス通信に対し、疑いをもたれている選手に聴取したところ、メルドニウムの摂取を否定したと話している。

 ロシアは国家ぐるみのドーピングの疑いで平昌五輪への選手団派遣を禁止され、クリーンとされる168選手がOARとして出場している。(五輪速報班)

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング