産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア男子・羽生が一夜明け会見(下)「痛み止めなしでは飛べる状態ではなかった」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア男子・羽生が一夜明け会見(下)「痛み止めなしでは飛べる状態ではなかった」

メダルセレモニーで金、銀メダルをそれぞれ受け取り、笑みを浮かべる羽生結弦(左から2人目)、宇野昌磨(同1人目)=17日午後7時40分、韓国・平昌(桑村朋撮影) メダルセレモニーで金、銀メダルをそれぞれ受け取り、笑みを浮かべる羽生結弦(左から2人目)、宇野昌磨(同1人目)=17日午後7時40分、韓国・平昌(桑村朋撮影)

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦が18日、一夜明けて会見を開き、現役続行を宣言。けがについても改めて触れた。主な一問一答は次の通り。(上から続く

(平昌 原川真太郎)

 --4回転アクセルですが、右足首にかかる負担は怖くないのか。あとどれぐらいで習得できると現時点で想定しているか

 「右足の負担は正直言って大きなものになると思っている。実際にここまで来るのにあたって、4回転ループが飛べたのが(現地に)移動する前日。4回転ルッツに関してはまったくやらず。トリプルジャンプが飛べるのは本当にぎりぎりだった。何とかここに立ったというところ」

 「これからそのジャンプたちをどうしていくか分からないが、4回転ジャンプに関しては右足首の状態を見ながら習得を目指していきたいなと思っている。ただ正直言ってしまうと、若干満足しちゃってるんで」

 「ただ、今幸せだから、またすぐ不幸がたくさん起きて、つらい時期が来るんだろうなと。でもきっと、それは次の幸せのためのステップだと思う。ケアも治療もリハビリも、すごくすごくつらいことだと分かるけど、それをできる時間が取れたらなと思っています」

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング