産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア男子メダリスト会見(4完) 羽生「もうちょっと経ったら滑ると思うけど、いろいろ考えていきたい」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア男子メダリスト会見(4完) 羽生「もうちょっと経ったら滑ると思うけど、いろいろ考えていきたい」

(左から)宇野昌磨、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス=17日、韓国・江陵(納冨康撮影) (左から)宇野昌磨、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス=17日、韓国・江陵(納冨康撮影)

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子の終了後、2連覇金メダルの羽生結弦、銀メダルの宇野昌磨、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)へのメダリスト会見が行われた。羽生が次回五輪への率直な思いなど、自身の進退についても言及した。(3から続く

 --日本勢のワン・ツーについて、日本は熱狂していると思うがメッセージを

 《羽生は宇野と顔を見合わせる》

 羽生「僕たちは個人競技なので、一生懸命にお互い頑張った。何よりも一緒に表彰台に立てる日本の仲間がいる。そして僕は彼のことをノービス時代から知っていて一緒に戦ってきた。ジュニア時代も一緒に戦った。ちょっとシニアに上がるのが早かったので、なかなか会う機会がなかったけど。そういう彼とこうやってメダルを一緒に取れて本当によかった。その結果を見て喜んでくれる方がたくさんいると思うので、頑張ってよかったなと思う」

 宇野「演技をしているときはお互いが真剣勝負。でも自分と闘っているところが一番強いと思う。結果として1位、2位という順位は悔しいし、僕にとって羽生選手が最大の目標であって、すごく憧れている選手。身近な選手。日本一になることが世界一難しいと昔から思っていた。いつまでも追いかけたいなと思う」

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング