産経ニュース

【平昌五輪】聖火の最終点火者、キム・ヨナさんが2017年11月以来の“金メダル” 女性広告モデルブランド評判調査

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
聖火の最終点火者、キム・ヨナさんが2017年11月以来の“金メダル” 女性広告モデルブランド評判調査

9日夜、平昌五輪の開会式で聖火を掲げるキム・ヨナさん=韓国・平昌五輪スタジアム(納冨康撮影) 9日夜、平昌五輪の開会式で聖火を掲げるキム・ヨナさん=韓国・平昌五輪スタジアム(納冨康撮影)

 平昌冬季五輪の開会式で聖火の最終点火者を務めた2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、金妍兒(キム・ヨナ)さんが2017年11月以来の“金メダル”を獲得した。

 17日付の韓国の中央日報(日本語電子版)によると、韓国企業評判研究所が毎月行っている「女性広告モデルブランド評判調査」の2月調査で、2位の歌手、IU(アイユー)さんに2倍以上の大差をつけて、トップとなった。

 この調査は「消費者がブランドに影響を及ぼす参加指数、消費者が消費者に影響を与える疎通指数、ブランド拡散の大きさを測定したコミュニティー指数を合わせて分析する」という。

 同研究所は、平昌五輪によって金妍兒さんへの関心が再び高まり、ブランド価値が高まったと分析。「美しい」「上手い」「好き」が、金妍兒ブランドのキーワードだという。

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング