産経ニュース

【平昌五輪】羽生結弦と宇野昌磨がメダルセレモニー 会場のファン歓喜「北京で3連覇を」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
羽生結弦と宇野昌磨がメダルセレモニー 会場のファン歓喜「北京で3連覇を」

メダルセレモニーで金、銀メダルをそれぞれ受け取り、笑みを浮かべる羽生結弦(左から2人目)、宇野昌磨(同3人目)=17日午後、韓国・平昌(桑村朋撮影) メダルセレモニーで金、銀メダルをそれぞれ受け取り、笑みを浮かべる羽生結弦(左から2人目)、宇野昌磨(同3人目)=17日午後、韓国・平昌(桑村朋撮影)

 【平昌=桑村朋】フィギュア男子シングルで66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)と、初の五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)が17日夜、平昌の五輪スタジアム近くの屋外特設会場でメダルセレモニーに臨んだ。会場には大勢の日本人ファンらが詰めかけ、歴史的快挙を祝った。

 冬季五輪の個人種目では日本勢で初めて2大会連続優勝した羽生は、名前を呼ばれると表彰台に飛び乗り、首に金メダルをかけられると満面の笑みを浮かべて「ありがとうございました」と感謝を口にした。

 少しはにかんだような表情で壇上に上がった宇野も、観客から「おめでとう」「ありがとう」の声が飛ぶと手を振るなどして応えた。

 会場周辺の気温はマイナス4~5度。吹きすさぶ風の影響で体感気温はマイナス10度以下になったが、絶え間なく日の丸が振られるなど、熱気に包まれた。

続きを読む

「平昌五輪2018」のランキング