産経ニュース

【平昌五輪】宇野昌磨、ジャンプ減らした葛藤の末に銀 作戦崩れるも意地の逆転

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
宇野昌磨、ジャンプ減らした葛藤の末に銀 作戦崩れるも意地の逆転

フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せる羽生結弦(中央)。左は銀の宇野昌磨、右は銅のハビエル・フェルナンデス=江陵(共同) フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せる羽生結弦(中央)。左は銀の宇野昌磨、右は銅のハビエル・フェルナンデス=江陵(共同)

 日本男子3人目の五輪メダリストになった。大舞台で銀メダルを獲得した宇野が、あこがれを抱いたバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん、背中を追った羽生に続いた。「五輪だからという特別な感情はない。自分の演技ができたことがうれしい」と振り返った。

 SP3位で迎えたフリーは最終滑走だった。前に滑った羽生らの演技を見て自分との得点差を計算した。自己ベストなら逆転できる状況に「完璧な演技をすれば1位」とリンクに立った。

 冒頭の4回転ループジャンプで転倒し、青写真は崩れた。「自分のことを考えよう」と切り替え、その後はほぼミスなく演じきった。

 次々と新たな4回転ジャンプを投入してきた。トーループ、2年前に成功した4回転フリップに続き、昨季は異例のシーズン途中で4回転ループを組み込んだ。今季初戦のフリーでは、4種類目のサルコーを含む5本を組み込んだ。「自分がやれることをやらないのが好きじゃない」と積極果敢な姿勢を貫いた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宇野昌磨、ジャンプ減らした葛藤の末に銀 作戦崩れるも意地の逆転

「平昌五輪2018」のランキング