産経ニュース

【平昌五輪】羽生結弦、困難超え力に ファンに勇気「私も前を向く」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
羽生結弦、困難超え力に ファンに勇気「私も前を向く」

フィギュア男子フリー 演技後に右足を触る羽生結弦=17日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) フィギュア男子フリー 演技後に右足を触る羽生結弦=17日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 右足のけがの影響でスタミナの心配があった後半。ジャンプの着氷でふらついた。「転ばないで」。羽生結弦が通った仙台市の七北田(ななきた)中でスケート部顧問だった千葉一恵さん(62)はテレビの前で正座し、手を合わせた。フィナーレの後、右足を触る姿に直感した。「優しい性格の彼だから、絶対に(右足に)『ありがとう』と言っている」

 羽生の入学で中学にスケート部ができ、大会で賞をとると校内で式典が開かれた。バレエダンサーのように片脚を前にし背筋を伸ばすのが印象的だった。「見られる種目なので、僕はいつもそういうのは意識しています」。スケートに向き合う姿勢に驚かされた。

 卒業時、「金メダルをとったらサインをもらう」と約束。前回ソチ五輪後、同校を訪問した羽生のもとに花束と色紙を持って駆けつけた。「約束通り、今日ちょうだい」。羽生は笑顔でペンを走らせた。

 2つ目の金。千葉さんは「困難を力に変えて取った金。中学校で彼とめぐり合い、こうして応援できて幸せ」と声を弾ませた。

 羽生一家と知り合いの金沢市の「羽生結弦君を応援する会」会長、坂田俊明さん(58)は自閉症の長男、裕煕(ゆうき)さん(23)や会員と応援。小中学校で同学年だった裕煕さんは羽生がリンクに立つと、「結弦、ジャンプだ」。

続きを読む

このニュースの写真

  • 羽生結弦、困難超え力に ファンに勇気「私も前を向く」
  • 羽生結弦、困難超え力に ファンに勇気「私も前を向く」
  • 羽生結弦、困難超え力に ファンに勇気「私も前を向く」

「平昌五輪2018」のランキング