産経ニュース

【平昌五輪】「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ

表彰式で感極まった表情の羽生結弦=17日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 表彰式で感極まった表情の羽生結弦=17日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 平昌冬季五輪で17日に行われたフィギュアスケート男子フリーで、66年ぶりとなる五輪2連覇を達成した羽生結弦(ANA)は、表彰式で金メダルを授与され、「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」と満面の笑みを浮かべた。主な一問一答は次の通り。

 --「君が代」をかみしめているように見えた

 「やっぱり(金メダルが)首にかかっている重みがあると実感もまた違って、本当に頑張ってきてよかったなと思えています」

 --表彰台から見える景色は

 「自分自身で真ん中に上げた国旗というのはこれで2回目ですけど、やっぱり感慨深いものがすごくありました」

 --五輪直前にも苦しいアクシデントがあった。心の葛藤は 

 「スケートが滑れるか、滑れないかじゃなくて、これから滑れるのか、滑れないのか、本当にスケートをやめないといけないのかくらいまで考えていたので、非常に苦しい時期ではありました。(金メダルの授与に)こうやって、やっぱり生きててよかったなと思える瞬間の一つです」

 --ファンへメッセージを

 「皆様のおかげで自分の人生史上、一番幸せな瞬間を過ごさせていただいています。本当にありがとうございます。これからもどうか、応援、そして、日本勢の応援もよろしくお願いいたします」(五輪速報班)

このニュースの写真

  • 「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ
  • 「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ
  • 「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ
  • 「やっぱり生きてて良かったと思える瞬間」 羽生結弦、金メダルに感慨深げ

「平昌五輪2018」のランキング