産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア男子メダリスト会見(1) 羽生「(東日本大震災の)被災地のみなさんに笑顔になってもらえたら」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア男子メダリスト会見(1) 羽生「(東日本大震災の)被災地のみなさんに笑顔になってもらえたら」

会見で笑顔を見せる羽生結弦=17日、韓国・江陵(納冨康撮影) 会見で笑顔を見せる羽生結弦=17日、韓国・江陵(納冨康撮影)

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で17日、66年ぶりとなる2連覇を達成した羽生結弦(ANA)と、初出場ながら銀メダルを獲得した宇野昌磨(トヨタ自動車)。最終滑走の宇野の得点が発表された瞬間、金メダルが確定した羽生の目からは涙があふれた。興奮が冷めやらぬまま、直後に記者会見が実施され、世界各国から報道陣が集まった。表彰台に立った2人と、銅メダルを獲得したハビエル・フェルナンデス(スペイン)が五輪史に残る名勝負を振り返った。

 《壇上に上がった羽生は66年ぶりの偉業を紹介された際、司会者が1952年年オスロ五輪で連覇したディック・バトン(米国)にふれたときに敬意を表するかのように拍手した》

すべての人に感謝

 --先日の記者会見では「(負傷後の休養で)待っていただいた甲斐がある演技をしたい」と語っていたが

 羽生「こうやって五輪の舞台で滑れたことが幸せ。その前に1つだけ言わせてほしい。こうやって金メダルを取れてうれしく思うが、何よりこの五輪で滑ったたくさんのスケーター、この五輪を作り上げてくれたたくさんのスタッフ、サポーターのチームメンバーも含めて感謝している。何よりここで滑った素晴らしいスケーターの皆さん、ありがとうございました。皆さんがいて、この五輪ができた」

 「質問の内容に答えます。けがからなかなか滑ることできなかった。最終的に皆さんの前で笑顔で終われてよかったと思う。まずそれに尽きるかな」

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング