産経ニュース

【平昌五輪】羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ

銀メダルの宇野昌磨=江陵(共同) 銀メダルの宇野昌磨=江陵(共同)

 【平昌=田中充】平昌五輪は17日、江陵アイスアリーナなどで第9日が行われ、フィギュアスケートの男子フリーでは、前日のショートプログラム(SP)で111・68点の高得点を出して首位に立った羽生結弦(23)=ANA=が206・17点をマークし、合計317・85点で今大会日本勢初の金メダルを獲得した。初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も銀メダルに輝き、フィギュアでは初めて日本選手が1位と2位の座を占めた。

 日本の冬季五輪の「金」は通算11個目。羽生は冬季五輪の個人種目では日本勢で初めて2大会連続優勝を果たし、フィギュア男子では1952年オスロ(ノルウェー)大会のリチャード・バットン(米国)以来66年ぶりとなる五輪連覇の偉業も達成した。

 羽生は初出場した2014年ソチ五輪でフィギュア日本男子として初の金メダルを獲得。グランプリ(GP)ファイナルでは16年まで4連覇し、世界選手権を14、17年に制してSP、フリー、合計の歴代最高得点を何度も塗り替えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ
  • 羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ
  • 羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ
  • 羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ
  • 羽生結弦が五輪66年ぶり2連覇、宇野昌磨も銀メダル 日本勢ワンツーフィニッシュ

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング