産経ニュース

【平昌五輪】正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2

男子フリーで演技する羽生結弦=江陵(共同) 男子フリーで演技する羽生結弦=江陵(共同)

 正念場のフリーを乗り越え、羽生がフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した。首位で臨んだ4分半の演技。2分40秒のSPで三つだったジャンプは八つに増え、体の負担は大きい。故障明けで、急ピッチで仕上げてきたため「体力に関しては不安だった」と言うが、真価が問われた舞台で底力を発揮した。

 4回転ジャンプを4本跳び、最後のトーループ以外は軽やかに着氷。演技を終えると感極まった表情になった。

 笛や太鼓の音色からなる映画「陰陽師」の音楽で演じるフリーの「SEIMEI」は、「今季へ温めておいた」と2季ぶりに用いた自信作。「和の繊細さや力強さを出せるのは僕しかいない」。2度も世界歴代最高得点(当時)をマークした演目で挑んだ氷上決戦で、王者が再び輝いた。(共同)

このニュースの写真

  • 正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2
  • 正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2
  • 正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2
  • 正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2
  • 正念場乗り越え快挙 羽生、和の自信作でV2

「平昌五輪2018」のランキング