産経ニュース

【平昌五輪】「楽しんで滑って」羽生結弦の地元・仙台

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「楽しんで滑って」羽生結弦の地元・仙台

羽生結弦選手の登場を待つ、フィギュアスケート男子のパブリックビューイング会場=17日午前、仙台市 羽生結弦選手の登場を待つ、フィギュアスケート男子のパブリックビューイング会場=17日午前、仙台市

 フィギュアスケート男子に出場した羽生結弦(23)の地元仙台市では、市体育館やJR仙台駅でパブリックビューイング(PV)が開かれ、地元ファンらが「楽しんで滑ってほしい」とエールを送った。

 市体育館には、出身小学校の後輩らが「目指せ金メダル」などと願いを記した短冊が飾られていた。宮城県多賀城市のデイサービス相談員、佐々木木の実さん(31)は「被災地のことをずっと語ってくれることがうれしくて応援してきた。笑顔で滑り終えてほしい」と語った。

 JR仙台駅では、2020年東京五輪への機運を盛り上げようと東京都が会場を用意。家族5人で大型画面を見つめていた多賀城市の会社員、斎藤正仁さん(38)は「金メダルよりも、まずは今まで頑張ってきたことを出し切ってほしい」と話した。

このニュースの写真

  • 「楽しんで滑って」羽生結弦の地元・仙台

「平昌五輪2018」のランキング