産経ニュース

【平昌五輪】ジャンプ男子ラージヒル 22位の葛西紀明「明日は風に当たってくれると信じて…」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ジャンプ男子ラージヒル 22位の葛西紀明「明日は風に当たってくれると信じて…」

【平昌五輪2018 ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル予選】予選を終え、記者の質問に答える葛西紀明=韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター(早坂洋祐撮影) 【平昌五輪2018 ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル予選】予選を終え、記者の質問に答える葛西紀明=韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター(早坂洋祐撮影)

 平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)予選を22位で突破した葛西紀明(土屋ホーム)は「今日はよくなかった」と悔しさをにじませた。競技後の一問一答は以下の通り。

     

 --今日のジャンプは

 「今日はよくなかったです」

 --風の影響もあったのか

 「そうですね。ノーマルヒルの大会同様、当たり外れの大きい日ですね」

 --課題にしていたテークオフ(踏み切り)は

 「テークオフというよりも今日はアプローチ(助走)がうまく乗れていなかったので、スピードも出ていなかったし、やはりここがポイントですね」

 --小林陵侑の大きなジャンプがあった

 「風が当たれば、ああいう大きいジャンプができるくらい調子を上げているので、このまま試合でも当たってくれたらいいなと監督目線でみている」

 --明日に向けて意気込みを

 「今日はいい風が当たらなかったので、明日は当たってくれると信じて頑張ります」(五輪速報班)

「平昌五輪2018」のランキング