産経ニュース

【平昌五輪】ジャンプ男子LH予選を37位で通過した小林潤志郎「最後まで諦めずに飛びたい」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ジャンプ男子LH予選を37位で通過した小林潤志郎「最後まで諦めずに飛びたい」

男子ラージヒル予選 小林潤志郎の試技の飛躍=平昌(共同) 男子ラージヒル予選 小林潤志郎の試技の飛躍=平昌(共同)

 平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)予選で、115・0メートルの37位で本戦に進んだ小林潤志郎(雪印メグミルク)は「日本代表に選んでもらったので、最後まで諦めずに飛びたい」と巻き返しを誓った。競技後の一問一答は以下の通り。

     

 --予選のジャンプを振り返って

 「まぁそうですね、思い切って飛んでみたんですけど、課題が残るジャンプでした」

 --課題とは

 「やっぱり台に力を伝えられずに、タイミングが遅れたりとか、そういうことをしているので、しっかり直していきたいなっていうふうに思います」

 --ノーマルヒルの悔しさを晴らしたい

 「日本代表として選んでもらったので、やっぱり諦めず最後まで飛びたいなっていうふうに思います」

 --弟の陵侑に負けないジャンプがしたい

 「そうですね」

「平昌五輪2018」のランキング