産経ニュース

【平昌五輪】スピードスケート女子5000メートル、高木美帆の姉、菜那は最下位、押切美沙紀は9位

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スピードスケート女子5000メートル、高木美帆の姉、菜那は最下位、押切美沙紀は9位

女子5000メートルのゴール後、厳しい表情の高木菜那=16日、江陵(共同) 女子5000メートルのゴール後、厳しい表情の高木菜那=16日、江陵(共同)

 平昌五輪は大会第8日の16日、江陵オーバルでスピードスケート女子5000メートルを行い、銀、銅計2個のメダルを獲得している高木美帆の姉、菜那(ともに日本電産サンキョー)は7分17秒45で、12人中最下位に終わった。押切美沙紀(富士急)は7分7秒71の9位で入賞を逃した。優勝は6分50秒23のオランダのエスメー・フィッセール。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • スピードスケート女子5000メートル、高木美帆の姉、菜那は最下位、押切美沙紀は9位
  • スピードスケート女子5000メートル、高木美帆の姉、菜那は最下位、押切美沙紀は9位

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング