産経ニュース

【平昌五輪】羽生結弦、金に自信「誰が取ろうが、僕も取ります」 宇野昌磨「久々に陰に隠れて試合を迎えられる」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
羽生結弦、金に自信「誰が取ろうが、僕も取ります」 宇野昌磨「久々に陰に隠れて試合を迎えられる」

16日の男子SPを前に、最終調整する羽生(右)と宇野(左) =江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 16日の男子SPを前に、最終調整する羽生(右)と宇野(左) =江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 「順調に計画通りできている」。コンディションの良さが決戦前日とは思えないほど、羽生の表情をリラックスさせた。一方の宇野は、報道陣の注目が日本の大黒柱に集中する状況に「久々に陰に隠れて試合を迎えられる感じ」と笑った。

 昨季の世界選手権で金、銀を独占した再演が期待される両雄。16日のSPへ最終調整し、同じ最終グループで金メダルを争うネーサン・チェン(米国)や金博洋(中国)らとともに滑った。

 羽生は現地入り後、初めて4回転ループを着氷。トーループ、サルコーに加え、本番で組み込む可能性のある3種類の4回転をすべて跳んだ。フリー曲をかけた場面で4回転サルコーを転倒したが、その後に4回転トーループを含む珍しい5連続ジャンプを跳ぶなど、右足首の不安もなさそう。「スケート自体を心から楽しみながら滑ることができている」と笑顔を見せ、日本に金メダルがまだない状況を問われると、「誰が取ろうが、僕も取ります」と自信をみなぎらせた。

 宇野も4回転-3回転の2連続トーループを跳ぶなど、団体SPからの好調を持続。ハイレベルな選手との最終組での調整に「久々に楽しいというか、リンクに降りたらすぐにやる気が出た」と気持ちを高ぶらせた。

 羽生からは団体SPの健闘をねぎらわれ、「失敗すると思ったけど、何とかできました」と答えたという。金メダルへの意欲を明言した羽生に対し、宇野も「自分に負けない演技をして上にいきたい」と決意表明。ともに準備は万全だ。(田中充)

「平昌五輪2018」のランキング