産経ニュース

【平昌五輪】渡部暁斗「銀」、地元・白馬に大歓声 小2「五輪目指す」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
渡部暁斗「銀」、地元・白馬に大歓声 小2「五輪目指す」

渡部暁斗の雄姿に歓声を上げる白馬村スキークラブのジュニア選手ら=14日、白馬村多目的ホール 渡部暁斗の雄姿に歓声を上げる白馬村スキークラブのジュニア選手ら=14日、白馬村多目的ホール

 上位入賞を確信していたという桜井さんは「後半の距離は最後の競り合いにドキドキしっぱなしでした。でも立派な銀。次のラージヒルに期待しています」と晴れやかな表情で語った。

 同クラブ会長の太谷陽一さん(66)は「いつも会うたびに白馬のことを心に留めていてくれる。本当にうれしい」と兄弟の競技に声援を送った。1998(平成10)年長野五輪の2年前に産声を上げたクラブは、村民の出資による寄付金や会員らの会費で運営を続けており、「2人は白馬に育てられたという思いが強い」と話す。

 下川正剛村長(72)は20日のノルディック複合男子個人ラージヒルの応援を現地で行うといい、「このスピードなら大丈夫。次は金メダルだ」と期待を故込めた。

 去年からジャンプ競技を練習しているという白馬南小2年の山口仁鼓君(8)は「すごい。僕も五輪を目指したい」と感動した様子。あこがれの存在の活躍に「もっと練習したい」と誓っていた。

このニュースの写真

  • 渡部暁斗「銀」、地元・白馬に大歓声 小2「五輪目指す」

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング