産経ニュース

【平昌五輪】「純粋さ」で逆境はねのけ 地元に勇気の恩返し スピードスケート女子1000メートル・小平奈緒

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「純粋さ」で逆境はねのけ 地元に勇気の恩返し スピードスケート女子1000メートル・小平奈緒

女子1000メートルで銀メダルを獲得し、結城匡啓コーチ(右)とタッチを交わす小平奈緒=14日、江陵(共同) 女子1000メートルで銀メダルを獲得し、結城匡啓コーチ(右)とタッチを交わす小平奈緒=14日、江陵(共同)

 速さを追求するために妥協を許さない。中学、高校時代の小平を指導した新谷純夫さん(68)は「好きなんですよ、スケートが」と説明する。練習に専念できる環境に身を置くため、高校は実家を出て約50キロ離れた新谷さん宅に下宿し、後に1人暮らしもした。

 小平が入学したことで新設された高校のスケート同好会では朝と放課後に、夜間は新谷さんのスケートクラブで練習。土日も練習で実家にほとんど帰らなかったが、厳しさに文句を言うどころか、練習がないと機嫌が悪くなった。

 新谷さんはクラブのメンバー全員に練習日誌を課した。スランプになったときに見返すことで参考になると考えたからだ。最後まで続けていたのは小平だけだった。「彼女が他の子と違ってすごいのは、五輪に出ることをただの夢物語にしないで一つ一つ積み上げていったところだ」と新谷さん。

 「純粋でどこにもぶれがない。みんなそうなりたいけど、いろいろな事情でできない。だからこそ自分が求める夢の姿を小平さんに見て、共感しているのだと思う」。相沢さんはそう語り、偉業をたたえた。(福田涼太郎)

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング