産経ニュース

【平昌五輪】スキー複合最年長34歳の永井秀昭、納得の自己最高位の14位

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スキー複合最年長34歳の永井秀昭、納得の自己最高位の14位

個人ノーマルヒル、後半距離のレース後、渡部暁斗(手前)と抱き合う永井秀昭=14日、平昌(共同) 個人ノーマルヒル、後半距離のレース後、渡部暁斗(手前)と抱き合う永井秀昭=14日、平昌(共同)

 複合陣最年長、34歳の永井が五輪の個人で自己最高の14位に入った。前半飛躍で14位につけ、後半距離でも粘った。「シーズンを通して一番良かった。欲を言ったら切りはないが、満足している」とにこやかに話した。

 30歳でソチ冬季五輪に初出場した遅咲きの選手。前回は「普段通りじゃなくなっていた」と自分を見失い、個人種目は22位が最高だった。以来「五輪の借りは五輪でしか返せない。失敗を取り戻したい」と不得手な飛躍を改善してきた。

 今季のW杯では苦戦続きだったが、ここ一番に調子を合わせた。「自分のやるべきことに集中できたのは、前回と違って成長できた」と胸を張った。(共同)

このニュースの写真

  • スキー複合最年長34歳の永井秀昭、納得の自己最高位の14位
  • スキー複合最年長34歳の永井秀昭、納得の自己最高位の14位

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング