産経ニュース

【平昌五輪】スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学

スノーボードハーフパイプ男子 銀メダルが決まり笑顔を見せる平野歩夢=14日、韓国・フェニックス・スノーパーク(納冨康撮影) スノーボードハーフパイプ男子 銀メダルが決まり笑顔を見せる平野歩夢=14日、韓国・フェニックス・スノーパーク(納冨康撮影)

 昨年3月の国際大会では技の着地に失敗、左膝靱帯や肝臓を損傷したが、着地点は見失わなかった。試合で誰も決めたことのない4回転の連続技を今年1月、プロ最高峰の賞金大会「冬季Xゲーム」で初めて成功させて優勝。この日も同じ技に挑み、五輪史上初めて決めてみせた。

 4年前より世界のレベルは上がり、「今まで一番の大会だった。今できる範囲では全力でやれた」。同じ銀ではない。汗と辛酸に磨かれた分、重くまぶしい。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学
  • スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学
  • スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学
  • スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学

「平昌五輪2018」のランキング