産経ニュース

【平昌五輪】会場周辺を強風が直撃 五輪マスコットもぐにゃり

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
会場周辺を強風が直撃 五輪マスコットもぐにゃり

強風のため、空気を抜かれぐったりする平昌五輪マスコットのスホランとバンダビ=14日、韓国・江陵(桜井紀雄撮影) 強風のため、空気を抜かれぐったりする平昌五輪マスコットのスホランとバンダビ=14日、韓国・江陵(桜井紀雄撮影)

 平昌五輪の会場がある韓国・江原道(カンウォンド)東部が14日、最大瞬間風速20メートルを超え、警告が出される強風に見舞われた。江陵(カンヌン)の競技場周辺では、看板やフェンスが次々なぎ倒され、真っすぐに歩くのが困難なほどだった。

 競技場近くの湖のほとりに立つ五輪マスコットのスホランとバンダビの巨大風船も管理者が倒れる恐れがあると判断。安全のため、空気を抜かれ、強風にさらされてぐったりとしていた。ボランティア職員らが慌ててテントを撤去する姿も見られた。(江陵 桜井紀雄)

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング