産経ニュース

【平昌五輪】韓国の一部ネットユーザー、自国の選手失格でライバルを“口撃” 自制求めるメディアも

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
韓国の一部ネットユーザー、自国の選手失格でライバルを“口撃” 自制求めるメディアも

13日行われたショートトラック女子500メートル決勝。左から韓国の崔、金メダルのアリアンナ・フォンタナ、カナダのキム・ブタン=平昌(ロイター) 13日行われたショートトラック女子500メートル決勝。左から韓国の崔、金メダルのアリアンナ・フォンタナ、カナダのキム・ブタン=平昌(ロイター)

 中央日報では「韓国人のコメントがとても恐ろしくて寝られなかった。人々が私を殺したいと考えていた」というクリスティの当時の談話を紹介している。

 ショートトラックをめぐっては13日も、4人の中国選手が相次いで失格となり、中国のインターネット上では「韓国の“陰謀”ではないか」といったコメントが殺到する騒ぎも起きている。

 今回の炎上騒動に関し、中央日報は「的外れの愛国心」というタイトルで記事を紹介。眉をひそめられる中国人ユーザーの心ない書き込みを意識してか、「韓国選手も競争者に対する過度な批判をありがたく思っていない」として、ネットユーザーに自制を求めている。(五輪速報班)

●=王へんに民

このニュースの写真

  • 韓国の一部ネットユーザー、自国の選手失格でライバルを“口撃” 自制求めるメディアも

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング