産経ニュース

【平昌五輪】初五輪入賞のスノボ女子HP、冨田に地元は万歳三唱 男子HPの平野に高まる金期待

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
初五輪入賞のスノボ女子HP、冨田に地元は万歳三唱 男子HPの平野に高まる金期待

新潟県妙高市のパブリックビューイング会場で、スノーボード女子ハーフパイプの冨田せな選手に声援を送る人たち=13日午前 新潟県妙高市のパブリックビューイング会場で、スノーボード女子ハーフパイプの冨田せな選手に声援を送る人たち=13日午前

 平昌五輪第5日の13日、スノーボード女子ハーフパイプ(HP)の決勝に挑んだ開志国際高3年、冨田せな(18)は初の五輪で8位入賞を果たし、出身地の新潟県妙高市で開かれた市主催のパブリックビューイング(PV)で見守った友人たちは万歳をして喜んだ。金メダルを狙うスノーボード男子HPの平野歩夢(19)は予選を余裕をもって突破。地元の同県村上市では「14日の決勝では必ずやってくれる」と、頂点への期待がいやが上にも高まった。

 「バンザーイ、バンザーイ」。妙高市主催のPVが開かれた同市米島新田の妙高ふれあいパーク体育館に、8位入賞を果たした冨田をたたえる万歳三唱の声が響き渡った。

 会場で声援を送った市民らは約180人。小中学校の同級生で高田商高3年の内田匠さん(17)は「最後まで攻める自分の滑りをしていたと思う。最後は笑顔を見せていたので良かった」と活躍を喜んだ。

 冨田の母校、市立妙高中は全生徒がPVの応援に駆け付けた。空中を舞う華麗な姿に歓声が沸き起こり、2年の女子生徒(13)は「演技を見てすごいと思った」と感動したという。

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング