産経ニュース

【平昌五輪】羽生結弦が記者会見 「クリーンに滑れば絶対に勝てる自信ある」 主な質疑応答

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
羽生結弦が記者会見 「クリーンに滑れば絶対に勝てる自信ある」 主な質疑応答

記者会見するフィギュアスケート男子の羽生結弦=13日、江陵(共同) 記者会見するフィギュアスケート男子の羽生結弦=13日、江陵(共同)

 --けがをどうやって乗り越えたか

 「(競技に)戻ってこれるか、これないかは考えていなかった。最初にけがをしてしまって、本当は(昨年11月の)NHK杯に痛み止めを打ってでも出ようと思っていたけど、足首が動かなくなってしまった。2カ月経っても、なかなか難しく、治るんだろうかと考えた時期もあった。でも、実際、今こうして滑れている。それがすべてだと思う。過去に考えたことはたくさんある。ネガティブなことばっかりかもしれないけど、こうやってたくさんの方々のの前でしゃべっている。悪いニュースではなく、いいニュースとして皆さんの前でしゃべっている。とにかく、今できることを、自分が夢に描いていた舞台で夢に描いた演技をしたい」

 --五輪会場のメインリンクで滑った思いと、個人戦に向けてどう調整していく予定か

 「メインリンクもそうですが、韓国の地で滑ってみて、(同じ会場で行われた)昨年の四大陸選手権もそうだが、非常に感覚がいいなと思った。まだ調整段階で、まだやっていないジャンプやエレメントはたくさんあるけど、自分の中でも計画もある。計画に沿って臨機応変にピークをつくっていきたい。まだ試合までに数えられるほどの時間がある。有効的に活用して個人戦にピークが合うようにしっかりやっていきたい」

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング