産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?

三池淵管弦楽団の公演を観覧する北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(左)と韓国の文在寅大統領=11日、ソウル(聯合=共同) 三池淵管弦楽団の公演を観覧する北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(左)と韓国の文在寅大統領=11日、ソウル(聯合=共同)

 金与正氏一行を迎えた文在寅政権のメンバーをみると、首脳会談準備のためではないかと思わせる顔ぶれだった。

 まず、韓国情報機関、国家情報院のトップである徐薫院長は、金大中・盧武鉉時代の2回の南北首脳会談で実務に当たった人物。統一部長官の趙明均氏もまた、盧武鉉時代に大統領府で統一外交安保政策秘書官として務め、南北首脳会談に深く関わった。

 さらに大統領秘書室長として出席した任鍾●(=析の下に日)氏は、学生時代に北朝鮮を信奉する主体思想派のリーダーとして名をはせ、現在の韓国大統領府きっての親北派だ。任氏は別途、2度目も夕食会を催して金与正氏一行をもてなした。

「対話のデッドライン」

 米国は文政権に南北首脳会談に関する説明を求め、4月に予定する米韓合同軍事演習に関する態度を問うことになる。当面の注目は合同演習に対する文政権の立場と南北首脳会談に関する米国の対応だ。

 訪韓したペンス米副大統領は一貫して強硬なメッセージを発信した。北朝鮮代表団とは同席せず、脱北者と面会して金正恩体制の人権侵害を非難し、北朝鮮に抑留され、その後死亡したオットー・ワームビアさんの父親を同伴、北朝鮮に撃沈された韓国哨戒艇「天安」の記念館を訪問した。

 米共和党関係筋によると、現在のトランプ政権の対北政策の原則は「北朝鮮の核ミサイル技術がこれ以上、進展することは絶対に容認しない」「対話のデッドラインは6月」だという。これまで、米朝間では水面下接触は断続的に行われたもようだが、これまでのところ進展はないという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?
  • 北の五輪参加ウラ合意か 文大統領、訪朝断らずに「6月危機」?

関連トピックス

「平昌五輪」のランキング