産経ニュース

【平昌五輪】フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相

 フィギュアは団体戦が終わり、次の焦点は日本勢のメダル獲得が期待される個人戦に移る。男子は16日にショートプログラム(SP)、17日にフリーが行われる。注目は、何と言っても昨年11月の右足首故障からの復活を目指す羽生結弦(はにゅう・ゆづる、ANA)だ。女子は21日にSP、23日にフリーが行われる。「ロシアからの五輪選手(OAR)」の2人の実力が突出している。

男子は金メダル争い混沌

 66年ぶりの五輪2連覇が有力視されていた羽生の故障で、金メダル争いは混沌としている。羽生は11日にようやく韓国入りし、ぶっつけ本番で個人戦を迎える。SPで2度、フリーで4、5度の4回転を組み入れる予定だが、体力や試合勘がどれだけ戻っているか。体力が消耗する後半のジャンプの出来栄えが優勝の鍵を握る。

仁川国際空港に到着したフィギュアスケート男子の羽生結弦 =11日、韓国(川口良介撮影) 仁川国際空港に到着したフィギュアスケート男子の羽生結弦 =11日、韓国(川口良介撮影)

 ライバルの宇野昌磨(しようま、トヨタ自動車)とネーサン・チェン(米国)はいずれも複数の4回転ジャンプをものにしているのが武器で、スケーティングの技術も高い。だが団体戦SPでは1位となった宇野に対し、チェンは3度のジャンプで2度ミスして4位に終わり、明暗が分かれた。

フィギュアスケート団体戦男子SPに出場した宇野昌磨 =江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平) フィギュアスケート団体戦男子SPに出場した宇野昌磨 =江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平)

 団体戦には出場しなかったが、欧州選手権6連覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)、今年1月の四大陸選手権で宇野を破って優勝した金博洋(きん・はくようよう、中国)にも勝つチャンスは十分にある。

メドベージェワ&ザギトワが圧倒的

 OARの18歳のエフゲニア・メドベージェワと15歳のアリーナ・ザギトワが圧倒的な力を見せる。それぞれ団体戦で自己ベストをマークしており、わずかなミスがメダルの色を決めそうだ。

次ページタイトル

このニュースの写真

  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相
  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相
  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相
  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相
  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相
  • フィギュアは16日から個人戦 復活V2期す羽生 女子はメドベージェワ、ザギトワ2強の様相

「平昌五輪2018」のランキング