産経ニュース

【平昌五輪】スマイルジャパン小池詩織に地元・栃木で声援 惜敗も兄「ナイスプレー」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スマイルジャパン小池詩織に地元・栃木で声援 惜敗も兄「ナイスプレー」

女子アイスホッケーの小池詩織に声援を送るパブリックビューイングの参加者=12日、栃木県日光市所野の同市霧降スケートセンター(斎藤有美撮影) 女子アイスホッケーの小池詩織に声援を送るパブリックビューイングの参加者=12日、栃木県日光市所野の同市霧降スケートセンター(斎藤有美撮影)

 平昌冬季五輪大会第4日の12日、関東ホッケーセンターで行われたアイスホッケー女子1次リーグで日本はスイスと対戦し、日本代表「スマイルジャパン」DF、小池詩織(24)=道路建設ペリグリン=の出身地、栃木県日光市のパブリックビューイング(PV)には市民ら約100人が集まり、熱い声援を送った。小池の兄、祐平さん(27)も駆け付け、「ナイスプレーだった」とねぎらった。(宇都宮支局 斎藤有美)

 日光市霧降スケートセンター(同市所野)のPVでは試合前、湯沢光明副市長が「決勝トーナメントに勝ち上がるための大事な試合。平昌に届くように応援しましょう」と参加者に呼び掛けた。

 小池は強烈なシュートや的確なパスで再三、見せ場を作る。スティックバルーンを手にした参加者が大声援を送った。だが、第2ピリオドで2失点。アイスホッケーを始めて4年という小学6年、阿久津夢さん(12)は小池を憧れの選手に挙げ、「(追う展開だが)まだ間に合うと思う。諦めないで点を決めて勝ってほしい」と熱いエールを送った。

続きを読む

このニュースの写真

  • スマイルジャパン小池詩織に地元・栃木で声援 惜敗も兄「ナイスプレー」
  • スマイルジャパン小池詩織に地元・栃木で声援 惜敗も兄「ナイスプレー」

「平昌五輪2018」のランキング