産経ニュース

【平昌五輪】女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ

フィギュア団体女子SP キス・アンド・クライでガッツポーズを出すエフゲニア・メドベージェワ=11日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) フィギュア団体女子SP キス・アンド・クライでガッツポーズを出すエフゲニア・メドベージェワ=11日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 フィギュアスケート団体女子ショートプログラム(SP)は、「ロシアからの五輪選手(OAR)」で世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワが自身の持つ世界歴代最高を更新する81.06点でトップとなった。今季途中で右足の骨にひびが入っていることが分かり、リハビリに苦労しただけでなく、組織的なドーピング問題でロシアが五輪から完全除外される懸念もあった。それでも何とか迎えた初の五輪で18歳は、しっかりと存在感を示した。

 演技後半に入れたフリップ-トーループの2連続3回転など三つのジャンプを成功させて技術点で他を圧倒すると、演技面でも魅了した。

 団体のフリーは後輩でライバルでもある15歳のアリーナ・ザギトワに託し、練習拠点を置く日本に戻って調整するという。

このニュースの写真

  • 女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ
  • 女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ
  • 女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ
  • 女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ
  • 女王メドベージェワ、世界最高を更新する演技で魅了 再び日本で調整へ

「平昌五輪2018」のランキング