産経ニュース

【平昌五輪】過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く

スキージャンプ男子ノーマルヒルは風の影響による中断が続き、試合は午前0時をまわっても終わらず、観客席の客も次々と引き上げていった=11日未明、韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター (撮影・早坂洋祐) スキージャンプ男子ノーマルヒルは風の影響による中断が続き、試合は午前0時をまわっても終わらず、観客席の客も次々と引き上げていった=11日未明、韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター (撮影・早坂洋祐)

 平昌五輪は第3日の11日、強風でアルペンスキー・男子滑降が延期、スノーボード・女子スロープスタイル予選が中止になった。強行開催した競技でも、風に翻弄されて勝負技を繰り出せないなど影響が出ている。ただでさえ屋外競技場の気温が氷点下10度以下になる“極寒五輪”。アスリート・ファーストとはほど遠い環境に選手は悪戦苦闘している。(岡野祐己、奥山次郎、浜田慎太郎)

 「もう信じられない。気持ちがひるんじゃう。『こんなの中止でしょう』と心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていた」

 8度目の五輪となる45歳の大ベテラン、葛西紀明が強風と寒さに思わず悲鳴を上げた。10日夜のジャンプ・男子個人ノーマルヒルは、時に秒速5メートルを超える強風で競技がたびたび中断。スタートゲート付近の選手は、スタッフに毛布でさすられたり、コートを身にまとったり。寒風に凍えながら順番を待った。

 五輪金メダルを4個持つシモン・アマン(スイス)は特に悲惨だった。気まぐれな風に弄ばれ、スタート位置で構えたり、待機場所に戻ったり。通常は飛躍までに1分ほどのところを10分以上要した。体力面だけでなく精神面に与えた影響は計り知れない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く
  • 過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く
  • 過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く
  • 過酷な極寒五輪、強風で相次ぐ中断・延期 レジェンド葛西「こんなの中止でしょう」…アスリート・ファーストほど遠く

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング