産経ニュース

【平昌五輪】男子距離複合、ノルウェー勢が表彰台独占 吉田圭伸は25位 

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
男子距離複合、ノルウェー勢が表彰台独占 吉田圭伸は25位 

 平昌冬季五輪は大会第3日の11日、アルペンシア距離センターでノルディックスキーの男子距離複合(30キロ)を行い、吉田圭伸(自衛隊)は1時間18分23秒の25位だった。

 前半15キロをクラシカル走法で、後半15キロフリー走法で滑る距離複合。先頭から46秒9差の25位で後半に入った吉田は、後半、トップとの差は差を広げられたものの、順位は維持した。

 五輪初出場のシメンヘグスタッド・クルーガー(ノルウェー)が序盤で転倒しながら、1時間16分20秒で金メダルを獲得。マルティンヨンスル・スンビが銀、ハンスクリステル・ホルンが銅と、ノルウェー勢が表彰台を独占した。(五輪速報班)

「平昌五輪2018」のランキング