産経ニュース

【平昌五輪】スノボは平野歩夢とショーン・ホワイトの一騎打ちか 勝負を分けるのはDC14の連続技…

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スノボは平野歩夢とショーン・ホワイトの一騎打ちか 勝負を分けるのはDC14の連続技…

 スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)は13日に予選が、14日に上位12人による決勝が行われる。金メダル争いは前回のソチ五輪2位の平野歩夢(木下グループ)と五輪2大会連続金メダルの実績を持つショーン・ホワイト(米国)の一騎打ちとなりそうだ。

 19歳の平野は軸をずらしながら縦に2回転、横に4回転する「ダブルコーク1440(DC14)」の連続技という強力な武器を持つ。今季、右足を前にした正スタンスで技に入る「フロントサイドDC14」を自分のものにした。

 1月には最高峰のプロ大会「冬季Xゲーム」で、左足を前にして踏み切る「キャバレリアル(キャブ)DC14」と組み合わせた連続技を世界で初めて試合で成功させ、優勝。現状では平野にしかできない。

 31歳の世界的スター、ホワイトも「フロントサイドDC14」を持ち技とする。回転技の多彩さと板をつかむ技の種類の豊富さで平野よりも優位に立つ-。(共同)

「平昌五輪2018」のランキング