産経ニュース

【平昌五輪】「失敗してしまいました」 葛西紀明、1回目の内容に苦笑い

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「失敗してしまいました」 葛西紀明、1回目の内容に苦笑い

1本目を終えた葛西紀明=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平) 1本目を終えた葛西紀明=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)

 平昌冬季五輪は大会第2日の10日、アルペンシア・ジャンプセンターでノルディックスキー・ジャンプの男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)の1回目を行い、葛西紀明(土屋ホーム)ら日本人3選手が2回目に進んだ。

 1回目16位の葛西は「やっぱり緊張のあまり失敗してしまいました」と苦笑いを浮かべた。

 葛西は「上で待たされて、寒くて、体がちょっと冷え気味で、飛んだ感じ」と冷静に振り返り、2回目に向け「しっかり自分のジャンプをして、完璧なジャンプをしたい」と力を込めた。

 また、1回目で日本勢最高の9位につけた小林陵侑(土屋ホーム)は「風に助けられて、遠くまで伸ばすことができた。内容も悪くなかったし、よかったと思う」と話し、「2回目も冷静に、自分のジャンプをしたい」と決意を新たにした。

 1回目19位の伊東大貴(雪印メグミルク)は「ここに入って一番いいジャンプがで出た。条件にも助けられた。一番いいジャンプができてよかった」と充実した表情。「もう1本K点越えジャンプをそろえて、今できることを出し切りたい」と2回目に向けて意気込んだ。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • 「失敗してしまいました」 葛西紀明、1回目の内容に苦笑い
  • 「失敗してしまいました」 葛西紀明、1回目の内容に苦笑い

「平昌五輪2018」のランキング