産経ニュース

【平昌五輪】スノボSS国武大晃、誕生日を飾れず ジャンプで2度転倒

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スノボSS国武大晃、誕生日を飾れず ジャンプで2度転倒

男子スロープスタイル予選で敗退した国武大晃。16歳の誕生日を飾ることはできなかった=10日、韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク(早坂洋祐撮影) 男子スロープスタイル予選で敗退した国武大晃。16歳の誕生日を飾ることはできなかった=10日、韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク(早坂洋祐撮影)

 初めて臨んだ五輪の壁は高かった。この日、16歳の誕生日を迎えた日本選手団最年少の国武は、2本ともジャンプの着地で失敗。悔しい記念日となり「楽しかったけど、予選通過できず悔しい」と唇をかんだ。

 コース前半の障害物は軽やかなに通過した。初出場の若者は、後半に3つ続いたキッカー(ジャンプ台)で、五輪の難しさを思い知らされた。

 1本目は1つ目のジャンプが不調に終わり、難易度の高い3回転半の技を試みた2つ目のキッカーで転倒した。2本目でも、2つ目のキッカーでジャンプの着地に失敗した。ジャンプには不利といわれる向かい風が吹いていたが、「言い訳になるので(風の)影響はない。実力がなかった」と潔かった。

 コースは1つ1つのキッカーの間隔が短く、傾斜があまりない。次のジャンプまでのスピードがつけにくい。身長163センチ、体重54キロと小柄な国武には不利だった。高校1年生の伸び盛り。「筋力トレーニングも大事だけど、いまは滑りを強化したい」。さらなる成長を誓った。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • スノボSS国武大晃、誕生日を飾れず ジャンプで2度転倒
  • スノボSS国武大晃、誕生日を飾れず ジャンプで2度転倒

「平昌五輪2018」のランキング