産経ニュース

【平昌五輪】ショートトラック渡辺に母校の阪南大でパブリックビューイング 予選落ちも「攻める姿勢見られた」 

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ショートトラック渡辺に母校の阪南大でパブリックビューイング 予選落ちも「攻める姿勢見られた」 

男子1500メートル予選 予選落ちした渡辺啓太=江陵(共同) 男子1500メートル予選 予選落ちした渡辺啓太=江陵(共同)

 ショートトラック男子1500メートルに出場した渡辺啓太(25)を応援しようと、母校の阪南大学(大阪府松原市)では10日、市主催のパブリックビューイングが開かれ約270人が声援を送った。惜しくも予選で敗れたが、まだ500メートルやリレーなどもある。参加者は「次の試合でも頑張ってほしい」とエールを送った。

 「渡辺!渡辺!」。レースが始まると、集まった人たちは、渡辺が目標とするメダルの色に合わせた金色のスティックバルーンで応援。序盤に先頭に立つと会場の盛り上がりは最高潮に達した。しかし、最後に抜かれ、予選敗退した。

 阪南大職員の元ショートトラック選手で冬季五輪に3大会連続で出場した米田(旧姓・小沢)美夏さん(32)は「残念だが、最後まで攻める姿勢が見られてよかった」。大学の近くに住む会社員、山下かおりさん(40)も「この悔しさをリレーで晴らしてほしい」と話していた。

「平昌五輪2018」のランキング