産経ニュース

【平昌五輪】モーグル男子の堀島行真は5位で決勝へ コブで苦しみターン点伸びず

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
モーグル男子の堀島行真は5位で決勝へ コブで苦しみターン点伸びず

モーグル男子 予選を滑る堀島行真=9日、韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐) モーグル男子 予選を滑る堀島行真=9日、韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)

 予選5位で決勝進出を決めた堀島は、大きなコブに苦しみ、ターン点が49.0と伸びなかった。第2エアの手前でコブに足を取られバランスを崩した。コブ同士の間隔が狭く、公式練習から対策に気をもんでいた。「失敗してしまった。そこで大きく減点されていると思う」と悔しがった。

 城勇太コーチはコースの難しさを「コブがとがっていて、ワールドカップよりも横に重なって並んでいる。攻略には難しいテクニックが必要。おそらくジャッジもそこを見ている」と分析した。

 スピードは出ていた。第1エアのフルツイスト(伸身後方1回宙返り1回ひねり)の着地をきれいにまとめた。スムーズにターンに入り、そのまま加速していた。ミスなくゴールを駆け抜けていれば、さらに得点は伸びただけに悔やまれる。

 初の五輪でやや硬くなった。「ワールドカップにはない人の多さに緊張した」という。重圧の中で決勝進出を果たした。

 予選を1位通過した金メダル候補のキングズベリーにはターンで4.8点、合計では5・72点差をつけられた。「こういう舞台で全力を出していくのは難しい。帰ってビデオを見て、対策を練り直さないといけない」と表情を引き締めた。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • モーグル男子の堀島行真は5位で決勝へ コブで苦しみターン点伸びず
  • モーグル男子の堀島行真は5位で決勝へ コブで苦しみターン点伸びず
  • モーグル男子の堀島行真は5位で決勝へ コブで苦しみターン点伸びず

「平昌五輪2018」のランキング