産経ニュース

【平昌五輪】小林潤、猛省も日本勢トップの18位 ジャンプ男子

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小林潤、猛省も日本勢トップの18位 ジャンプ男子

男子ノーマルヒル予選 小林潤志郎の飛躍=8日、平昌(共同) 男子ノーマルヒル予選 小林潤志郎の飛躍=8日、平昌(共同)

 日本のエース格に上り詰めた小林潤が、予選で日本勢トップの18位に食い込んだ。W杯の好成績もあり、本戦進出は確実視されていた。集中しにくい状況だったにもかかわらず、「表彰台に向かっていきたい」という宣言通りにまずまずのスタートを切った。

 直前の試技では96メートルにとどまり、得点も日本勢3番手の23位に沈んだ。気を取り直して臨んだ予選では、K点ちょうどの98メートルをマーク。「風が良くて助けられた。まだまだ改善するところがある」と猛省したが、本戦につながるジャンプは見せた。

 今季の活躍はめざましい。昨夏に国際大会のグランプリ白馬大会2試合を連覇したほか、国内大会でも好成績を連発。メンバー入りしたW杯開幕戦で初優勝を飾っている。その後も立て続けにトップ10入りして名を上げ、出場を夢見てきた五輪まで駆け上がってきた。

 自信を深めた今、五輪は出場する場ではなく、勝負する場へと変わった。本戦への抱負を問われ、「誰よりも遠くへ飛んで行くいいジャンプをしたい」。五輪に合わせるように頭角を現してきたシンデレラボーイは、世界を驚かせる大ジャンプを見せつけるつもりだ。(奥山次郎)

このニュースの写真

  • 小林潤、猛省も日本勢トップの18位 ジャンプ男子
  • 小林潤、猛省も日本勢トップの18位 ジャンプ男子

「平昌五輪2018」のランキング