産経ニュース

【平昌五輪】日本女子追い抜きメンバーが一糸乱れぬ滑走 海外ライバル勢を前に練習「一番いいレースを」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
日本女子追い抜きメンバーが一糸乱れぬ滑走 海外ライバル勢を前に練習「一番いいレースを」

練習に臨む(先頭から)高木菜那、押切美沙紀、高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃=江陵オーバル(撮影・松永渉平) 練習に臨む(先頭から)高木菜那、押切美沙紀、高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

 平(ピョン)昌(チャン)冬季五輪公式練習2日目のスピードスケートの日本代表は、4年に1度の大舞台に浮足だった様子も垣間見えた前日の初滑りから、本番に向けてスイッチを切り替えていた。金メダル候補の筆頭に挙げられている高木美ら団体追い抜きの日本女子チームも海外のライバル選手や報道陣を前に、最大の武器である一糸乱れぬ連係を披露した。

 先頭走者がカーブ入り口でコース幅ほど大きく外側へ飛び出し、素早く隊列の最後尾につける。はみ出す幅が広がれば、距離のロスも大きくなってしまうが、それ以上に減速を避けることに主眼を置く「先頭交代」の滑走。世界記録を3度更新した今季のレースでも見せた、セオリー度外視の自慢の技術を本番のリンクでも入念に確認した。

 2010年バンクーバー五輪で銀メダルと実力を見せたが、14年ソチ五輪は4位でメダルを逃した種目。減速の恐れのある先頭交代の回数をルール上最少の3回にとどめ、6周のうち3周半で高木美が先頭で引っ張る策が功を奏している。それでも、高木菜、佐藤、菊池の誰が出場メンバーになってもタイムが落ちない選手層が日本の強みになっている。

 メンバーは五輪での目標に、個人よりもこの種目の金メダルを真っ先に掲げる。「今までやってきたことを出すしかない。勝ちに行くことばかりにこだわらずに、一番いいレースができることを考えていきたい」と力を込めた高木菜。息もぴったりの“4人娘”が、頂点に向けて足並みをそろえる。(大宮健司)

このニュースの写真

  • 日本女子追い抜きメンバーが一糸乱れぬ滑走 海外ライバル勢を前に練習「一番いいレースを」
  • 日本女子追い抜きメンバーが一糸乱れぬ滑走 海外ライバル勢を前に練習「一番いいレースを」

「平昌五輪2018」のランキング