産経ニュース

【平昌五輪】スノーボードパラレル大回転出場の斯波正樹選手が吉村美栄子山形県知事を表敬

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スノーボードパラレル大回転出場の斯波正樹選手が吉村美栄子山形県知事を表敬

吉村美栄子知事を表敬し、抱負を述べる平昌五輪スノーボードパラレル大回転に出場する斯波正樹選手(右)=5日、山形県庁(柏崎幸三撮影) 吉村美栄子知事を表敬し、抱負を述べる平昌五輪スノーボードパラレル大回転に出場する斯波正樹選手(右)=5日、山形県庁(柏崎幸三撮影)

 平昌五輪の男子スノーボードパラレル大回転に出場する斯波正樹選手(31)=山形市=が5日、吉村美栄子知事を表敬訪問し、「3度目の挑戦で得たオリンピック。表彰台に上がり地元の山形、蔵王に貢献したい」と健闘を誓った。吉村知事は「県民みんなで期待しております」と激励した。

 斯波選手は9歳で山形市に転居。蔵王温泉スキー場でスノーボードを始め、山形南高のスキー部に入った。今冬はオーストリアで開かれたスノーボードのワールドカップ(W杯)のパラレル大回転で自己最高の6位入賞を果たした。

 斯波選手は、五輪会場と雪質が近い長野県の菅平高原スキー場などで調整し、17日に平昌入り。「最高の滑りを見せて、(表彰台の)一番高い所に立ち、一番輝く金メダルを目指したい」と意気込みを語った。

「平昌五輪2018」のランキング