産経ニュース

【平昌五輪】小平、自信と余裕「バンクーバー五輪の会場と似ている」 スピードスケート

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小平、自信と余裕「バンクーバー五輪の会場と似ている」 スピードスケート

韓国に到着後、初めて本番のリンクに立つスピードスケートの小平奈緒ら日本代表のメンバー=2月5日、韓国・江陵オーバル(早坂洋祐撮影) 韓国に到着後、初めて本番のリンクに立つスピードスケートの小平奈緒ら日本代表のメンバー=2月5日、韓国・江陵オーバル(早坂洋祐撮影)

 リンクの空気を味わうように初滑りを終えた小平は「バンクーバー五輪の会場と似ている。最初の五輪でたくさんのものを得た大会だったので、そういう雰囲気を感じる」と、団体追い抜きで銀メダルを獲得した記憶を本番の舞台に重ねた。

 男子の山中大地(電算)と隊列で滑り、他の日本選手より先に氷から上がった。この会場は昨季の世界距離別選手権女子500メートルで日本女子初優勝を果たしたが、「去年を上回るレースはできる」と自信をみせた。

 選手村生活を楽しむ余裕もある。昨夜は早速、海外選手とピンバッジを交換し、地元のボランティアからは「李相花のライバル」と声をかけられた。「顔を覚えてもらっているんだなと。韓国語を覚えて国際親善に努めたい」と笑う。

 「昔はまわりの期待に対して実力が伴っていなかった。今は自分を過大評価せず、過小評価もせず、ありのままをしっかり評価できている」と胸を張って語る小平。3度目の五輪で力を出し切るために、最後までぬかりない調整を続ける。(大宮健司)

このニュースの写真

  • 小平、自信と余裕「バンクーバー五輪の会場と似ている」 スピードスケート
  • 小平、自信と余裕「バンクーバー五輪の会場と似ている」 スピードスケート
  • 小平、自信と余裕「バンクーバー五輪の会場と似ている」 スピードスケート

「平昌五輪2018」のランキング