産経ニュース

【平昌五輪】小平初練習「氷しっかり」 スピード、高木らも好印象

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小平初練習「氷しっかり」 スピード、高木らも好印象

5日、韓国・江陵オーバルのリンクに到着し準備する小平奈緒。この日の練習が韓国に到着後、初めて(早坂洋祐撮影) 5日、韓国・江陵オーバルのリンクに到着し準備する小平奈緒。この日の練習が韓国に到着後、初めて(早坂洋祐撮影)

 平昌冬季五輪に出場するスピードスケートの日本勢が5日、沿岸部にある本番会場の江陵オーバルで初練習し、女子の小平奈緒(相沢病院)は「氷がしっかりしているので、すごくコントロールが効きやすい」と好印象を口にした。高木美帆(日体大助手)や男子の加藤条治(博慈会)も軽めに滑って体をほぐした。

 小平は壁に掲げられた巨大な五輪マークを背に記念撮影するなど、リラックスした様子で練習へ。真っ白な氷の上で約40分、短いダッシュなどを入れながら滑った。現地入りの翌日ながら、躍動感のある滑りを披露。最初の出番となる12日の1500メートルまで1週間あり「だんだんピークが合ってくると思う」と自信を見せた。

 高木美は氷が硬いとの印象で「長距離は滑りやすいと思う」。団体追い抜きのメンバー、菊池彩花(富士急)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)らと足並みを合わせながら、軽快に滑った。(共同)

このニュースの写真

  • 小平初練習「氷しっかり」 スピード、高木らも好印象
  • 小平初練習「氷しっかり」 スピード、高木らも好印象

「平昌五輪2018」のランキング