産経ニュース

【平昌五輪】下町ボブスレー ジャマイカ不採用決定 五輪滑走の夢かなわず

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
下町ボブスレー ジャマイカ不採用決定 五輪滑走の夢かなわず

東京都大田区の町工場経営者らで構成する下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会(下町PJ)は、ジャマイカ・ボブスレー連盟向けに開発した2人乗り新型機「下町スペシャル」の完成品を披露した。記念撮影するジャマイカ選手ら=2016年10月5日午前、東京都大田区(桐原正道撮影) 東京都大田区の町工場経営者らで構成する下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会(下町PJ)は、ジャマイカ・ボブスレー連盟向けに開発した2人乗り新型機「下町スペシャル」の完成品を披露した。記念撮影するジャマイカ選手ら=2016年10月5日午前、東京都大田区(桐原正道撮影)

 東京都大田区内の中小企業が中心となってボブスレー開発を進めてきた下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会は6日、ジャマイカ代表チームが平昌五輪で下町ボブスレーを使わないとの連絡があったことを明らかにした。

 これにより、2014年ソチ大会に続き、冬季五輪のレースで下町ボブスレーが滑走することはかなわなくなった。

 ジャマイカ代表チームは2016年1月、下町ボブスレーの採用を決定し、下町側がジャマイカチームにそりを無償で提供していた。しかし17年12月以降、ジャマイカチームはラトビア製のそりで国際試合に出場していた。同委員会は、「ジャマイカの競技連盟に対し、そりの開発・貸与の契約解除および損害賠償請求の法的措置を取る手続きを進める」としている。

 

「平昌五輪2018」のランキング