産経ニュース

【ジャンプ】小林潤志郎が優勝 UHB杯

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【ジャンプ】
小林潤志郎が優勝 UHB杯

優勝し表彰式で笑顔を見せる小林潤志郎(中央)。左は2位の小林陵侑、右は3位の伊東大貴=3日、大倉山 優勝し表彰式で笑顔を見せる小林潤志郎(中央)。左は2位の小林陵侑、右は3位の伊東大貴=3日、大倉山

 ノルディックスキー・ジャンプ男子のUHB杯ジャンプ大会は3日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、男子は平昌冬季五輪代表の小林潤志郎(雪印メグミルク)が1回目に最長不倒の140メートル、2回目に127・5メートルを飛んで合計271・7点で優勝した。

 五輪前最後の実戦で、代表の小林陵侑(土屋ホーム)は135メートル、131メートルの268・5点で2位、伊東大貴(雪印メグミルク)は2回とも128・5メートルの248・8点で3位、竹内択(北野建設)は5位だった。調整を優先した葛西紀明(土屋ホーム)は欠場した。

 女子は岩佐明香(日大)が優勝した。高梨沙羅(クラレ)ら五輪代表は出場していない。

このニュースの写真

  • 小林潤志郎が優勝 UHB杯
  • 小林潤志郎が優勝 UHB杯

「平昌五輪2018」のランキング