産経ニュース

【平昌五輪】スケルトン 仙台大の宮嶋克幸選手を中学恩師がエール 「こんなにうれしいことはない」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スケルトン 仙台大の宮嶋克幸選手を中学恩師がエール 「こんなにうれしいことはない」

中学時代の担任、吉川祐一さん(右)と7年ぶりに再会、五輪への意気込みを語った宮嶋克幸選手=1日、仙台大(千葉元撮影) 中学時代の担任、吉川祐一さん(右)と7年ぶりに再会、五輪への意気込みを語った宮嶋克幸選手=1日、仙台大(千葉元撮影)

 平昌五輪の男子スケルトン日本代表で、仙台大4年の宮嶋克幸選手(22)の壮行会が1日、宮城県柴田町の同大で行われた。競技入りのきっかけとなった中学時代の恩師が駆けつけ「精いっぱい力を出し切って」とエールを送った。

 宮嶋選手は札幌市出身で、中学時代は野球部。スケルトン連盟の体力テスト開催を知った両親の勧めで転換を考えたという。3年時の担任だった吉川祐一さん(45)は「オリンピック選手になりたい」という宮嶋選手の相談に乗り、背中を押してきた。

 吉川さんは練習の様子も見学。当時から五輪への出場を「確信していた」という。約7年ぶりの再会には「たくましく成長した。教師をしていてこんなにうれしいことはない」と感慨深げ。宮嶋選手も「五輪に憧れていた気持ちがよみがえった」と笑顔で語った。

 宮嶋選手は同日、県庁に山田義輝副知事を表敬訪問。「気負わず強豪相手に攻めのレースをしてほしい」と激励を受けた。宮嶋選手は大会に向け「少しずつ実感が湧いてきた。わくわく感と、頑張ろうという気持ち」と心境を語り、「出るからにはメダル、入賞が目標」と意気込んだ。

「平昌五輪2018」のランキング