産経ニュース

【平昌五輪】ライバル急成長で未勝利 ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希の金メダルは“神風”頼りか

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ライバル急成長で未勝利 ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希の金メダルは“神風”頼りか

伊藤(左)か高梨(右)が平昌五輪で金メダルを得るには、神風を利用してルンビ(中)に勝つしかないのか 伊藤(左)か高梨(右)が平昌五輪で金メダルを得るには、神風を利用してルンビ(中)に勝つしかないのか

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の平昌五輪代表、高梨沙羅(21、クラレ)と伊藤有希(23、土屋ホーム)のダブルエースが苦しんでいる。1月に札幌市と山形市で行われたワールドカップ(W杯)個人4大会はともに最高位は2位で、今季W杯は8戦未勝利。日本シリーズを全勝したマーレン・ルンビ(23、ノルウェー)の影すら踏めず、開幕が迫った平昌五輪の金メダル獲得は“神風頼り”ともいえる状況だが…。

 21日の山形・蔵王大会で今季初のダブル表彰台を決めた2位の伊藤と3位の高梨だったが、表情が晴れるわけもない。優勝したルンビと30点以上、1回のジャンプに換算して7.5メートル以上という絶望的な大差を付けられたのだから当然だろう。

 試合後の会見で「日本のファンは親切で大声援を送ってくれるので大好き」と満面の笑顔だったのはルンビ。両脇を固めた伊藤が「いいときに比べたら半分ぐらいの出来」、高梨が「日本の4大会は目標の半分ぐらいしか達成できなかった」と肩を落としたのとは対照的だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • ライバル急成長で未勝利 ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希の金メダルは“神風”頼りか
  • ライバル急成長で未勝利 ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希の金メダルは“神風”頼りか
  • ライバル急成長で未勝利 ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希の金メダルは“神風”頼りか

「平昌五輪2018」のランキング