産経ニュース

【平昌五輪】小平奈緒主将らが結団式 日本選手団 9個以上のメダル獲得を目標

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
小平奈緒主将らが結団式 日本選手団 9個以上のメダル獲得を目標

平昌冬季五輪の結団式で、団旗を手にする旗手代行の高梨沙羅。右は主将の小平奈緒=24日午後、東京都大田区 平昌冬季五輪の結団式で、団旗を手にする旗手代行の高梨沙羅。右は主将の小平奈緒=24日午後、東京都大田区

 平昌冬季五輪に出場する日本選手団の結団式が24日、東京都内で行われた。選手団主将で金メダルが期待されるスピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)や、旗手代行を務めるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)らが出席した。

 日本オリンピック委員会(JOC)は複数の金を含む9個以上のメダル獲得を目標に掲げ、海外の冬季五輪で最多だった前回ソチ大会の8個を超える成績を目指している。大会は2月9日に開幕する。

 旗手のジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)は海外遠征で欠席した。

このニュースの写真

  • 小平奈緒主将らが結団式 日本選手団 9個以上のメダル獲得を目標
  • 小平奈緒主将らが結団式 日本選手団 9個以上のメダル獲得を目標

「平昌五輪2018」のランキング