産経ニュース

【フリースタイルスキー】堀島、遠藤ら「平昌切符」確実に 日本選手団、海外最多へ

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【フリースタイルスキー】
堀島、遠藤ら「平昌切符」確実に 日本選手団、海外最多へ

(左から)堀島行真、遠藤尚、原大智 (左から)堀島行真、遠藤尚、原大智

 フリースタイルスキーのモーグルで男子の堀島行真(中京大)遠藤尚(忍建設)原大智(日大)西伸幸(マンマーノフーズ)、女子の村田愛里咲(行学学園教)の平昌冬季五輪代表入りが20日、確実となった。全日本スキー連盟は22日に五輪代表を発表する。

 スキー、スノーボードの代表は40人を超える見通しとなり、既に発表された他競技の75人と合わせて日本の派遣選手は海外の冬季五輪で最多となることも確実となった。過去の最多は前回ソチ五輪の113人。 

 モーグルはカナダのトランブランで20日に実施されたワールドカップ(W杯)で、国際スキー連盟(FIS)の五輪枠ランキングの対象大会が終了。全日本スキー連盟が「世界選手権とW杯で8位以内の成績を1回以上」などと定めた五輪派遣推薦基準を満たした5人が代表入りする。世界選手権でメダル獲得の実績がある30歳の伊藤みき(北野建設)は、4大会連続の代表入りを逃した。(共同)

このニュースの写真

  • 堀島、遠藤ら「平昌切符」確実に 日本選手団、海外最多へ

「平昌五輪2018」のランキング